カーネルパニックで死にかけた

ローカル仮想環境(CentOS6)のカーネルパニックで死にかけました。

とりあえず、状況を説明すると、
溜まっていたyum updateを行う→カーネルもUpdate→再起動後にカーネルパニック

んで、まずは動けなくなってしまったので、
古いカーネルから起動。
な~にが原因だ~?と思ってとりあえず色々調査。

yum reinstall kernel でカネールを何度か入れ直すもエラーを吐いて失敗。
どうやらmkinitrdがうまく動いていなかったことが判明(ここまで2時間位)

なぜだと思って、エラーを注意深く見ると、
witchコマンドが見つからねぇから動かねぇとか言ってる。
何それ?と思って調べるとwitchもyumで落とせるアレらしい。
とりあえず内容を確認すると最新版だった。

もしかして、これぶっ壊れてる?と思い。
yum reinstall witch で入れ直す。
yum reinstall kernel で再度カーネル入れ直し。

直った!

いやーやっぱエラー内容って大事ですね。
ちゃんと追っていけばいずれ解決できることが多い。
とりあえず怪しそうなパッケージは入れ直して様子みるかなぁ(´・ω・`)

『カーネルパニックで死にかけた』へのコメント

  1. 名前:K&K 投稿日:2017/10/11(水) 19:07:23 ID:a398611a8 返信

    そこでリカバリーですよ(棒

  2. 名前:山羊丸 投稿日:2017/10/11(水) 19:10:51 ID:aa4ed353c 返信

    環境構築しなおすのメンドイっす(`;ω;´)

コメント(名前のみの入力でコメント可能です)